スポンサーリンク

cheeroPowerPlus3

やっぱりどんなに便利で機械的なプロダクトでも、そこにはまだ「ヒト」が介在しています。「作り手」がいます。
「ヒト」が関わらない製品なんてまだ世の中には存在しないのです。

だから、そのプロダクトに「作り手」の強い『想い』が込められていたら、きっとそれは使う人にも伝わると思うのです。

使うそのプロダクトが、もし作ったヒトの『想い』がより感じられるものだったら。
それがより身近なものであればあるほど。
きっと毎日を温かい気持ちで過ごせるはずです。

だから、cheero のモバイルバッテリーは好き。

cheero は昨年末に cheero Power Plus 3 という新たなバッテリーを販売開始していました。

もう最近は毎回 cheero の製品は発売と同時にすぐ売り切れるという人気ぶりなので、今回も例にもれず即完売。
最近やっと安定供給してきたようです。

cheeroPowerPlus3レビュー

cheero のプロダクトとの出会いは、最初は 2012年の初代 cheero Power Plus でした。
今でも大事に使っています。

この時はまだただの激安モバイルバッテリーだと思って恐る恐る買っただけでした。

名前も聞いたことないこの cheero というブランドのバッテリー。
目的は iPhone の充電。まぁ、すぐ壊れてもお安いからいいや…みたいな人柱気分で購入した覚えがあります。

それが、今やこのモバイルバッテリーがないと毎日安心して過ごせない…くらいの生活に欠かせないデバイスになっています。

cheeroPowerPlus3レビュー2

恐る恐る買っただけの初代 cheero Power Plus でしたが、自分の中でその様子が変わってきたのは、その使い心地と Facebookページに書かれてあったノートでした。

長いけどまた引用しちゃおう。

「誰かと話すこと、繋がること、を応援(cheer)する」プロダクトを通じてcheeroが表現したいことです。その中で、私たちが最も大切にしている事、それは品質です。

私たちが扱っている製品の多くは他メーカー製品と同様に中国OEMメーカーで製造されている商品がメインとなりますが、従来より中国では携帯用電話充電器に関しても数多くのコピー商品や粗悪品が出回っており、中国のオリジナルメーカーといえどもコピー商品の駆逐に苦労している状況です。また、日本のマーケットにも徐々にコピー商品が流通し始めています。

cheeroが品質を担保する為の取組みとして、中国商社や家電マーケット等から仕入れる事はせず、必ずオリジナルのメーカーに出向き、製造工程、検査工程をチェックし、また自身で様々なテストをした上で、間違いないと判断した物について、販売する様にしています。また、問題が発生した場合は、中国へ出向き、部材調達、製造工程、検査工程等の見直しを中国メーカーと一緒に考え、製品改良へ努めるようにしています。

少し話はそれますが、cheeroの販売元であるティーアールエイ株式会社は、機械部品の商社として、約20年前より中国サイドで、物作りを行い、日本の大手メーカーへ納入してきました。また約10年前より自社工場を中国の常州に構え、メーカーとして中国で物作りをしてきました。機械部品は、ねじ一つにしても、時には0.01mm単位での非常に精緻な精度を求められ、不良品を出すと、お客様のビジネスを止めてしまう事態も引き起こしえます。我々は”不良品を出荷せず” を社堤として日々努力しております。

この品質へのこだわりは、cheeroブランドに対しても同じ考えであり、製品に対し期間保証し、問題があれば返金・交換を受け付ける形で商品をお客様へ届ける様にしています。少しでも安く良い物をとどけていきたく日々頑張っております。

これからもワクワクする製品を一つでも皆様へお届けできるようにスタッフ一同、
精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ティーアールエイ株式会社一同

引用:cheeroの品質へのこだわり

なんだかいいよね。
なぜかこの Facebookページのノートに心打たれたんです。

cheeroPowerPlus3レビュー3

その後もこういった書き込みもありました。

長いけどまた全文引用してみます。

唐突ですが、cheero人気バッテリー製品「cheero Power Plus 10000mAh」の不良率は、お客様から頂いた情報を基にすると0.6%あります。

ケーブル不良で充電されないとか、保証書が入っていなかったとか色々あります。保証書を無くして連絡されなかった方や、面倒だから言われなかった方もいらっしゃると思うので、実際は、もう少しあると思います。

全て交換対応または返金対応をさせて頂いていますが、不良品をお届けしてしまったお客様には本当に申し訳ありません。

内輪の話で恐縮ですが、先日、中国の製造サプライヤーにフィードバックする為、不良品の内容をまとめていました。その際に、機械部品製品で30年の間、中国サプライヤーとやり取りをし続けている弊社社長が話していた事です。

『0.6%は1000個の内、6個。中国サプライヤーの品質として0.6%は少ないと感じる。だけど、我々からすれば0.6%やが、不良品を受け取った人にとっては、全て100%や。1/1や。わしからすれば、二度と買うかと思うし、がっかりするし、腹が立つ。

物つくりは機械部品にしても、不良品が0%になる事はありえない。人が作業するなら人間のミスはあるし、機械化されていても機械の故障もある。だけど、それを一つづつ製造工程/検査工程を見直し、不良率を下げる取組をしていく事が大事。新しい不良も出てくるから、改善活動は続けねばならん。

単に不良内容を伝えて、一緒にどうしたらよいか考えるぐらいでは中国サイドは変わらない。現場に行き、怒り、何度も言って、ちょっとづつ良くなってくる。ここだけはお前らには任せられんし、今は出来んと思う。わしが直接中国へ行く。

良品を99%までする事は難しくないが、99%から100%に引き上げるには非常に大変。多くの設備投資が必要だし、検査工程に対する増員も必要となり製造コストが大幅に増加する為、中国など海外の協力工場では難しい面もある。 日本の製造メーカーは、この1%の不良率を下げる為に多くの設備投資やプロセス改善など本当に努力しており、実践している。

問合せも色々あり対応に大変と思うが、不良品に関するクレームは真っ先に返事をして、交換対応をして欲しい。その際、不良の現物を頂いてほしい。それを中国の協力工場に持っていき、現場にて改善、改良を行う。』

もちろん中国メーカーでも日本メーカーでも会社によって色々ばらつきはありますが、中国での物つくりの難しさを、皆を呼んで1時間ぐらい語り続けていました。

cheero製品を買って頂いた皆様にcheeroからお願いがあります。

不良品を見つけた時は、大変お手数ですが、お知らせください。保証書を無くしていても、注文番号から購入日等はわかりますので、是非ご連絡ください。交換または返金対応させて頂き、製品改良へ全力で努めさせて頂きます。※着払い伝票を同封させて頂いていますので、配達員に不良品をお渡しください。

Cheeroは、お客様と一緒に歩み、成長していく企業でありたい、そう思います。Amazon等、ECで売る事で安く物をお届けできていますが、その分、直接お話しを聞く機会が少ない現状です。

直接お客様の声を聞かせて頂き、我々の想いや活動も伝えさせて頂きたい、このFacebookページをそんな場にしていければと思います。

これからもワクワクする製品を一つでも皆様へお届けできるようにスタッフ一同、精進してまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。

ティー・アール・エイ株式会社一同

引用:cheeroの不良品に対する想い

この後くらいだったか、cheero の中の人、東 潤 さんにお会いすることになって。

実際に中の人と会って、これがプロパガンダではなくて本当の想いなんだとわかって。
だから僕はますます好きになったのだと思います。

その後、cheero Power Plus シリーズもたくさん売れて、ダンボーバッテリーがさらにものすごくたくさん売れて、cheero は一挙に有名になっていったのは皆さんもご存知のところだと思います。

想いのこもったプロダクトがちゃんとみんなの心に届いたのかなと思った瞬間でもありました。

cheeroPowerPlus3レビュー4

cheeroPowerPlus3レビュー5

今回のこの cheero Power Plus 3 も『Power Plus』の名を冠しているし、相当な想いで作られたのではないかと察しています。

先月、発表会にお誘い頂いていたのですが、行けなくてスミマセン。
でもその想いは感じ、受け取っているつもりです。

今回の cheero Power Plus 3 でのメッセージはこれなのでしょう。

cheeroPowerPlus3の箱1

cheeroPowerPlus3の箱2

「安全性」と「軽さ」の追求。
だけど、1円でも安くしたい。

そのメッセージに込められたものを表現するかのように、何も飾らないダンボール製のパッケージにそのプロダクトは封入されています。

もしこれだけでは伝わらないかったらいけないので、公式ページからまた引用しておきます。

1983年創業の機械部品メーカーの一部門としてcheeroが産まれて3年がたちました。
主力製品のモバイルバッテリーは世界15カ国以上で累計100万台を突破し、
たくさんの方にご愛用頂いております。誠にありがとうございます。

「生活に便利なものを、品質を大切にしながら1円でも安く届けたい」という
立上当初からの想いより「大容量モバイルバッテリー Power Plus」シリーズは産まれました。
「cheero Power Plus 3」の開発にあたり製品に込めた想いに少しだけお付き合いください。

安全性・軽さへのこだわり
最も大切にしたこと、それは価格でもなくデザインでもなく「安全性」でした。
モバイルバッテリーやスマホ、PC等に搭載されるリチウムイオン電池は
非常に高いエネルギー密度を持つ電池で安全性が大切です。
行きついた先は「大手日本メーカーの日本製電池」でした。

また、その中でも最高技術の電池を使うことで、
大容量モバイルバッテリーならではの重さを少しでも和らげる
「軽量化・コンパクト化」を実現しました。

1円でも手にとりやすい価格へ
日本製の電池は非常に高価ですが、製品化するからには
cheeroが大切にする「手に取りやすい価格」も何とか実現したいと思いました。
パッケージ、付属品をできるだけシンプルに、
また、物流・販売方法まで全てをゼロから考え、協力会社と共に1円でも安くしました。
今後、アダプタやポーチも欲しい方にも選びやすいよう、
好みに合わせて買えるような製品開発も進めていきたいと思います。

みなさまに手に取っていただけた時に
「ワクワク」するような商品をお届けできるよう
一歩一歩、頑張っていきたいと思います。

今後ともどうぞcheeroをよろしくおねがいします。

引用:「安全性」と「軽さ」への追求。cheero 史上最大容量・最高品質のモバイルバッテリーが遂に登場。|cheero Power Plus 3 13400mAh

なんだかね、好きなんですよ。
意外とこういう、人間味あふれたプロダクト。

弱いというか。
「作り手の想い」を前面に押し出されたプロモーションをされるともう僕はすぐに心を射抜かれます。もっとみんなそういう戦略でいけばいいのに。(笑)

でもね、意外とそうでもないプロダクトやお仕事がこの世の中にはすごく多いこともわかっています。ただ惰性で物を作っていたり、相手のことは全く考えられてないお仕事が多いのも事実です。

だからこそ、やっぱり本当に心のこもったお仕事をしていると際立つのかもしれません。

本来当たり前のことなのにね。

cheeroPowerPlus3レビュー6

これから cheero がどうなっていくのかはわからないけど、ずっとそういう想いを届けてくださるブランドであってくれたらいいな、と思っています。

あ、そういえば、この cheero Power Power 3 のそもそものスペックとか利便性については何も書いてなかった…

まぁ、あれです。

iPhone を 4〜5回くらいフル充電できて、他のモバイルバッテリーより小さくて軽くて、そして比較的お安い!

というものですよ。雑っ(笑)

iPhone 使ってたら(別に iPhone に限らなくてもいいけど)外出先で電池なくなって困ること多いですよね?だから、そういう時のためにこのモバイルバッテリーを一つ持っておいたら安心です!

それではまた。

◎ 関連記事

ちょっと感動した一枚の写真。iPhone用激安大容量バッテリーCheeroの製造舞台裏。

(こそっとアンサー記事を)とあるモバイルバッテリー製作秘話のお話のお話。|д・) ソォーッ…

ブログを書いてると不思議で感動的な流れに乗っかることがありまして。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!