スポンサーリンク

セルフブランディングなんてなくなればいいのに

なんだかよく耳にする言葉。
『セルフブランディング』


でもね、そんなのなくていいと思うんだ。

「作って」自分をブランディングしたって、そんなのすぐに疲れるだけだし。

見てたって面白くないし。

『人』ってそれぞれ持ってるその「素」が面白いわけで。
みんな何か必ず持ってるはずなんだ。

ただ、問題なのは、単純にその「素」をみんなが表に出せていないこと。

いろんなしがらみや既成概念で。

みんな持ってるその才能を発揮できていないだけ。
その潜在能力を開花しきれていないだけ。

ただきっとそれだけ。

…でも、きっとこのネットの世界にはそれを打破する『可能性』がまだまだ残っている。

今まで発揮できなかったその才能を開花させることができる可能性。

それが「匿名」でも何でもいいけど。
普段のしがらみからちょっと距離を置いて、思う存分その潜在能力を試行錯誤できる土壌がこのネットの世界にはある。

だからみんなどんどん試せばいい。

そしたら、世界はもっと変わっていくかもしれない。

先日のブロガーズフェスティバルを出た後、そんなことをふと改めて思っていたのでした。

おわり。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!