スポンサーリンク

MacBook などを使っているとすぐにストレージの容量がいっぱいになってしまって何もできなくなることがあります。
原因が「写真」の場合はとりあえず、これをやってみれば解決できるかもしれません。

iPhone で写真をいっぱい撮ってる人は、写真を iCloud で同期していると、知らないうちに Mac の容量をたくさん食ってしまっている場合があります。

そんな場合は、とりあえず、Mac で iCloud の「写真」同期をオフにすれば Mac の容量をかなり空けることができます。

Mac 上の同期をオフにするだけなので、iCloud や iPhone から写真が消えてしまうことはありません。
あくまで Mac 上に写真を同期させなくするだけです。

◎ Mac の iCloud の「写真」同期をオフにする方法

まずは、「システム環境設定」から「iCloud」を開きます。

次に、「写真」のチェックボックスを外します。

もし、左側のチェックボックスがグレーになって外せない場合は、右側の「オプション」ボタンをクリックし、その中のチェックを全て外します。

以上で完了です。

これで、もし Mac のストレージが「写真」でいっぱいだったのならば、みるみる容量が空いていくはずです。

とりあえず、これで “Mac 上からは” 写真が減りました。
でも、iCloud 上には残っているので安心です。

終わり。

written by ノリロウ

かつて、こんな物語もありました…

スポンサーリンク

関係ありそうなモノ?

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S DIARY!