スポンサーリンク

このブログで使ってるWordPressプラグイン10選

このブログも4年目くらいになるのですが、相変わらず知識の乏しいまま手探りでずっとやってきていて、夜な夜な WordPress の管理画面を開いて、訳も分からずサイトの裏側を弄っている毎日です。
そして今まで色んなトラブルに見舞われながらも、開設当初は 40個近く使っていたプラグインが、今は10個まで減って参りました。

とりあえず、今このサイトで使われている WordPressプラグイン をまとめておきます。

今使っているのはこの10個。

  1. Jetpack by WordPress.com
  2. WP-Optimize
  3. Advanced lazy load
  4. All In One SEO Pack
  5. CloudFlare
  6. VaultPress
  7. Simple Tags
  8. SyntaxHighlighter Evolved
  9. WP Multibyte Patch
  10. Akismet

まぁ、だいたいメジャーなものばかりです。

それにしても、以前はなんであんなにプラグイン使っていたんだろう…(・_・;

▼ 過去のプラグイン履歴

2011年9月 私が使ってる WordPress プラグイン 全30種のまとめ備忘録。
2012年5月 減らしたくてもなかなか減らせないWordPressプラグイン 今使ってる23種類。
2013年3月 今このブログで使ってるオススメWordPressプラグイン24個の備忘録。
2014年1月 現在このブログで使ってるWordPressプラグイン21種類まとめ。

プラグインは便利な反面、たくさん入れすぎるとトラブルの元になったり、サイトスピードの低下を招くこともあります。

今、プラグインをかなり減らせた要因の一つは、サーバーを変えてキャッシュ系のプラグインを全く使わなくなったというのも大きいです。

今は、wpXクラウドという WordPress 専用の高速サーバーを使っています。



この wpX はサーバー側でキャッシュ処理をしてくれているので、キャッシュ系のプラグインが要らなくなります。(というか使えなくなります)
▶︎ WordPress専用レンタルサーバー『wpXクラウド』を一ヶ月半使ってみての感想。

あとは、JetPack や All In One SEO Pack がだんだん進化してきて、ひとつのプラグインで多くの機能を実装してきたから他のプラグインが要らなくなった、というのももう一つの大きな要因です。

また、norirow’s Diary というこのサイトは 全面 Webフォント を使っているせいで かなり重いのと、あとは画像がたくさんあるせいで元々かなり重たい部類のサイトに入ると思います。

よく、みなさんから怒られます…( ꒪⌓꒪) w

だけど、こうやってプラグインを整理したり、サーバーを変えてみたり、要らない部分を削ったり、試行錯誤しながらなんとか今に至っております。

本当は重いこの norirow’s Diary ですが、こう見えて意外と GTmetrix の評価はそんなに悪くないんですよ?(笑)

GTmetrixの評価

まぁ、GTmetrix の評価がいいのと、実際にサイトを見たときに速いかどうかは、必ずしもイコールではないのですが…(,,-_-)
画像が大きいサイトの場合、lazy load 系のプラグインを使えば、数値上はサイトスピードの評価が上がります。ただ、実際にサイトを見たときに、通信状態(電波)が悪いと、画像がなかなか表示されなかったりするので必ずしもユーザーエクスペリエンスが良いとは言えない…。しかもウチの場合、Webフォントもなかなか表示されない時があるので、『文字も画像も表示されない』という最悪の状態がままあります。(笑)

念のため、今使っているプラグインの用途をまとめておきます。

1. Jetpack by WordPress.com

かなり機能が多すぎな WordPress 公式のプラグイン。
多すぎな機能の中でも現在、生かしている機能はこれ。

    ・Enhanced Distribution … 検索エンジンへ送信。
    ・Extra Sidebar Widgets … ウィジェットの項目を増やしてくれる。
    ・Monitor … サイトがダウンしたときにメールでお知らせしてくれる。
    ・Photon … CDN機能。画像の転送量を大幅に下げることができる。
    ・Subscriptions … ブログの更新通知をメール配信できる機能。
    ・WordPress.com 統計情報 … ブログ解析機能。
    ・コンタクトフォーム … お問い合わせページを作ることができる。
    ・サイトアイコン … サイトのファビコンなどを設定してくれる。
    ・共有 … SNSへの共有ボタンを表示してくれる。
    ・関連記事 … 記事下に「関連記事」を表示してくれる。
    ・VaultPress … 有料ブログバックアップサービス。(後述)

これだけの機能をこのプラグイン一つで賄っています。
このプラグインが重いのはわかっているのだけれど、もはや僕にはなくてはならないプラグインです…(・_・;

▼ そしてこのSNS共有ボタンのデザインはなかなかお気に入りです。ただ、なぜか最近 Facebook 以外のカウント数が表示されなくなってしまったのですが…

スクリーンショット 2015-02-28 00.15.31

2. WP-Optimize

これは、データベースを最適化してくれるプラグイン。
自動で最適化してくれるので便利です。

昨年末からブログが調子悪かった原因の一つに、データベースがなにか暴走していたような疑念があって、データベースの整理をしたらかなり治ったという経緯があります。
定期的にデータベースは最適な状態に整理しておかないといけないのかもしれませんね。
まぁ、触るのが怖い部分でもありますが…

ご参考 ▶︎ WP-Optimize – WordPressのデータベースを自動クリーンアップ&最適化できるプラグイン – ネタワン

3. Advanced lazy load

画像の読み込みを少し遅れらせてくれる(その部分を見たときに読み込んでくれる)プラグイン。
この norirow’s Diary を見てくださっている方はおわかりかもしれませんが、ブログをスクロールした時にはじめて、画像がふわっと表示されるはずです。
それです。(笑)

なお、これが GTmetrix の評価を上げている大きな要因の一つでもあります。
ただ、実際は通信(電波)状況が悪いところでこのサイトを見ると、この lazy load のせいで画像が表示されなかったり、逆にものすごく遅く表示されたりすることがあります。なかなか一長一短な部分があり、悩ましいプラグインでもあります。

lazy load 系のプラグインはけっこうたくさんあるんですが、この Advanced lazy load はその中でもかなり使いやすい印象でオススメです。

4. All In One SEO Pack

言わずもがなな、有名な SEO 系のプラグイン。
これもまたかなり多機能なプラグインでもあります。

SEO系の機能の他、
・XML Sitemaps … 検索エンジンにサイトマップを送ってくれる機能。
・Social Meta … Twitter や Facebook などの OGP の設定をしてくれる機能。

スクリーンショット 2015-02-28 00.40.40

などがあるので、他のプラグインを減らせているわけですね。
これもまた、外せなくなっているプラグインの一つ。

5. CloudFlare

CloudFlare を使えるようにするためのプラグイン。

CloudFlareとは、いわゆる CDN です。
画像を自サーバーではないところで読み込んでくれるようにするもの。(説明 雑っw)

昨年末より謎の『転送量が異常になる』事件があり、サーバーにものすごい負荷をかけていた経緯があったので、サイト高速化というより、転送量を他に逃がすために使っています。
以前はキャッシュ系のプラグイン W3 Total Cache の機能のひとつで CloudFlare を制御していましたが、今は W3 Total Cache を使っていないため、このその名も『CloudFlare』というプラグインで CloudFlare を制御しています。

ご参考 ▶︎ すぐできる!CloudFlare の設定方法 – バズ部

6. VaultPress

一月 500円でブログのバックアップを取ってくれるサービスです。
WordPress 公式?のところがやっているので、比較的安心してこのサービスを使っています。

ただ、今まで幸か不幸か『復元』をやらなければならない事態に陥ったことがないので、実際はどうやって復元すればいいのかわかりませんが… ┐(‘~`;)┌ w

ご参考 ▶︎ WordPressのバックアップに有料$5/月のサービスVaultPressを使ってみた。これでちょっと安心?

7. Simple Tags

自動でタグを付けてくれるプラグイン。

また、ウィジェットにこんな表示もしてくれるのでデザイン的に気に入っています。

スクリーンショット 2015-02-28 00.57.55

でも実はこのプラグインはどうにかして削れるんじゃないかと思っているところです…

8. SyntaxHighlighter Evolved

記事内にコードを表現したいときに使うプラグイン。

▼ こんな感じに表現できます。

<Files wp-login.php>
Order deny,allow
Deny from all
Allow from ***.***.***.***
Allow from ***.***.***.***
</Files>

でも、このプラグインも削れないかなぁ…

9. WP Multibyte Patch

最初から入っている『まぁ、日本語使うならとりあえず入れておけ』と代々言われているプラグイン。
実はよくわかっていないけど、とりあえず入れておけと言われているから入れている…(・_・;

これホントに要るの???

10. Akismet

これも最初から入っているプラグインの一つ。
スパムコメントから守ってくれるプラグイン。

でも、コメント欄なくてもやっぱりこれ要るんだろうか…
よくわからないけど、とりあえず怖いので入れています。(笑)

という感じで、今は10個のプラグインを常時稼働させています。

あと、必要に応じて、次の2つを使うくらいでしょうか。

11. Search & Replace

何かブログ全体で文字の置換をしたいときに使うプラグインです。

超たまに使うことがあります。

ご参考 ▶︎ WordPressの置換プラグイン「Search Regex」がエラーになるので「Search and Replace」を使ってみたらうまくいった!

12. Crazy Bone (狂骨)

不正ログインを試みられた履歴を確認できるプラグインです。
ブルートフォースアタックの対策に使っています。

いや、マジ怖いよ…?((((;゚Д゚)))))))

ご参考 ▶︎ WordPressのブルートフォースアタックがなかなか激しくて恐ろしかったので不正ログイン対策をしてみた。

ということで、このブログで使っている現状のプラグインのまとめなのでした。

サイトの高速化との兼ね合いが一番難しいところですが、必要最小限のプラグインにしたいなと思って、やっと10個まで減らせてここまで来ました。
ウチのサイトの場合、本気で高速化したいのであれば、単純に Webフォント使うなよ!という話なんですけどね…(^◇^;) 笑

まぁ、何かのご参考に。

それではまた。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!