スポンサーリンク

いやぁ、ホント毎回 Appleは神対応です。・゜・(ノД`)・゜・。
iPhone4が新品交換となって返ってきました。

今回、1年間の保証期間の期限が迫る中、以前からホームボタンの調子がおかしかったので、Appleストアのジーニアスバーに行ってきました。

期限まであと4日…。

いや、調子がおかしいといっても時々ホームボタンが効かなくなる程度で、常時というわけではなかったので持っていくかどうか悩んでいたんですが、思い立ったら行かずにはおれずに…。
一時間半かけてAppleストアへ。

ただ、現地で症状が出るかどうかわからないのでドキドキしながら向かった訳ですが、案の定、Appleストアに着く頃にはどうやっても症状が出ず…。
ダメもとでジーニアスバーのお兄さんに「時々効かなくなるんです」ということを説明してみました。

すると、まぁ少し動作確認や問診などをしながら、保証期間を調べてくれ、
「保証期間があと4日しかないので、Appleに送って動作確認してたら期限が切れてしまいますので、とりあえず新品と交換しましょう」と、さらっと。

…え!?(゚o゚;;
そんな簡単に…。
その時、お兄さんが光り輝いて見えたのは言うまでもありません。

その後、そのお兄さんは背中に後光を射したままテキパキと作業へ。
新しい箱からピカピカのiPhone4を取り出すと、カッターナイフを取り出し、職人技のような慣れた手つきで自分のiPhoneから液晶保護フィルムを剥がし、そのまま新しいiPhoneに貼り替えてくれました。その間、終始無言。
いや、あんなに液晶保護フィルムをすばやくかつ正確に貼れる人を初めて見ました。
気泡なんかもちろんあるはずもなく、位置も正確。時間にしても何のためらいもなくやってたのでほんの数秒。刹那です。
もし、世の中に「液晶保護フィルム貼り選手権」なるものがあるのなら、あのお兄さんはチャンピオンに違いありません。
いや…もしかして、ジーニアスバーのお兄さんはみんな猛者ぞろいなのか…。
恐るべし、ジーニアスバー。

それにしてもAppleの「修理=新品交換」という対応にはいつも驚かされるばかりです。
今回聞いてみると、「新品」とはいえ「整備済み商品」の可能性もあるとのこと。
まぁ、どちらにしろほぼ新品です。

と、言うわけで、また無事に新品となって返ってきました。
懐かしいホーム画面です。
「便利ツール」なんていうフォルダがあったんだなぁ。

残念ながら技適マークは初期ロットのものではなくなりましたが。

 

 

 

 

 

ただ、噂には聞いていたんですが、どうやらこの交換品 iPhoneは海外モデルらしく、なんとマナーモードの時カメラのシャッター音が鳴らないんです。
ま、まぁだからどうということはないんですが……何かと便利です。(おいっ)

 

…今だから明かしますが、実は私 前科がありまして (カメラの件ではないよ)、iPhone3Gの時も同様の新品交換手続きをしていただいたことがあります。^^;
あのときも、確か保証期限3日前くらいに行ったと記憶しております。
その時は、バッテリーの異常な消耗具合で行ったんですが…。
本当に Appleは神対応です。これだからますます好きになっちゃうんですよね。・゜・(ノД`)・゜・。

と、いうことで、今回はAppleストア突撃〜神対応の記録でした。
何か調子が悪いような気がする方は一度保証期間内にAppleストアで相談してもらったらいいかもですよ♫

それではまた。

<関連記事>
iPhoneの動きがおかしくなったら…試してみる5つの方法
300円の AppleCare Protection Planを試す。ノリロウ人柱記
iPhoneでワイヤレスキーボードを使ってみる。 TK-FBP017EBK 人柱記
Twitterのアカウントが凍結されたら…。『Twitterアカウント凍結 人柱記』
ELEMENT CASE Vapor の贋作を見極める ノリロウの人柱記

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!