スポンサーリンク

なんか釣りタイトルみたいになってしまったけれど…(・_・;

しばらく前から、Pinterest にハマっております。
…いや、そんなハマっているわけではないんだけど、なんかこの Pinterest が醸し出す雰囲気が好きでついつい巡回してしまいます。

Pinterest

Pinterestって、画像のSNSとでも表現するのでしょうか。
じゃあ、他の写真系SNSたちと何が違うのか。

なぜ僕がこれを好きになったかというと理由はたぶんここにあると思います。。

コミュニケーションをとらなくていいから。

なんかこの時点でソーシャルネットワークの概念を逸脱してしまうのかもしれないけど…。

Pinterestは簡単に言えば、お気に入りの写真や画像をシェアしていくSNS。

だから、ログインして画面を開けばそこにはずらずらとみんなが気に入った画像だけが並ぶわけです。

自分の趣向と合う人をフォローしていけば、自ずとタイムラインは自分好みの画像で埋まります。

そして、自分が気に入れば、その画像に「Like」したり「Repin」して再シェアしたりするわけです。

一番のポイントはここに「言葉」がいらないところ。(もちろんコメントすることはできますが。)

一般的に言う「ソーシャルネットワーク」って、基本概念は「コミュニケーション」なんだと思います。

でも、時にはそれが重かったりすることはありませんか?

僕はそれを時々感じることがあります。

だからきっと、僕はそんなに Facebook に入り込めないのかな。(FacebookはよくBANされるからというのもありますが。笑)
Facebookはよりコミュニケーションの色が濃い気がしています。もちろんそれが良いところなのだけれど。

そして、個人的に Twitter の方が居心地が良く感じるのは、Twitterが「コミュニケーションツール」というよりは「情報収集&発信ツール」としての色が濃いからなのかもしれません。
もちろん使い方にもよるのでしょうが、僕は Twitter は、情報収集&発信 80%、コミュミケーション 20% くらいのバランスで使っている気がします。
個人的にちょうど良いバランス。

それに対し、Pinterest はコミュニケーションは 0%。
もちろん情報発信とか情報収集も 0% なのだけれど。
そこにはただ視覚的に自分好みの画像を見つけて「癒し」を感じているだけなのかもしれません。

音楽もそうだけど写真とかって、そこに「言語の壁」はありません。
ただ見て感じるだけです。
考えることはなにもありません。

僕がフォローしている人たちはほとんど日本人以外の人たち。
言語が通じない人たちです。
だからこそ物理的にそもそもコミュニケーションは取れないし、取る必要もないし。

ただただ見て癒される。

それだけ。

なんだかね、この感覚が好きでちょくちょく巡回してしまいます。

楽天が出資とかいうニュースも流れていたけど、この雰囲気がいつまでもなくならなかったらいいな。

そんなソーシャルネットワークのあり方を改めて考える今日この頃なのでした。

おわり。


Pinterest / Home

Pinterest はこちらから入れます。

Pinterest 1.6.1(無料)App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング, 写真/ビデオ
販売元: Pinterest, Inc. – Pinterest, Inc.(サイズ: 6.5 MB)

iPhoneアプリのデザインも好き。ちょっと重いけど。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!