スポンサーリンク

20111202-130506.jpg

いつもダンボーのアイコンを使わせていただいておきながら、はじめて『よつばと!』に関するエントリーを書いている気がします^^;
よつばと!いいよね。大好きです。心が洗われる感じ。

さて、よつばと!ファンのみなさんは先日発売された 11巻はすでに読まれた方も多いはず。

あずま きよひこ
アスキー・メディアワークス 2011-11-26
¥ 630

 

その中に出てくる、とーちゃんからよつばがもらったカメラ  VISTAQUEST VQ1015 R2 を手に入れたのでレビューです。 (*≧∇≦)ノノ☆

これ実際に売ってる物なんだね。知らなかった。
でも、よつばと!は基本的に実在の物しか出てこないもんね。

ということで、実物はこれです♬

20111202-130519.jpg

おぉぉぉぉ。
マンガの中に出てくるパッケージと一緒!(/∀\*)
かわいい!

パッケージもデザインもとても可愛いのです♪

20111202-130710.jpg

20111202-130719.jpg

20111202-130728.jpg

SDカードを本体横に刺して使います。あと中に単四電池を入れて。
本体を横にスライドさせるとファインダーがあらわれ、レンズカバーが収納されます。

20111202-130745.jpg

これまたとてもちっこい。
ダンボーと比べても単三電池と比べてもこの大きさ。

20111202-130803.jpg

で、これはいわゆる「トイカメラ」のデジカメ。
ゆる〜い写真が撮れます。

しかもね、これどんな写真が撮れるかはなかなか想像しにくいんだ!>_<

ファインダーがあるけど、ファインダー越しに見た物はほとんどその通りに写らないからね。
ピントなんて気にせずに雰囲気を撮るカメラといった感じでしょうか。
よつばがやってたように、適当に感じた物を撮っていけばいいのかな?

こんな感じの写真が撮れました。

なんというか、今ってデジカメ全盛で、撮ったものがすぐディスプレイで確認できて、出来映えを確かめたりするじゃないですか?
出来が悪ければもう一枚撮ったり、構図を変えて撮ってみたり。
撮るときもディスプレイを見ながら撮影するから、出来あがる写真を想像しながら撮れる。
それが普通のデジカメ。

でも、このカメラはそんなことを考えさせない、もうホントとりあえずテキトウに撮っていくしかない、家に帰らないとどんな写真が撮れたかわかならい。
ファインダー越しに見た物とぜんぜん違うから、そのうちファインダーなんか覗かなくなって、テキトウに構えてテキトウに撮る。

なんというか、昔のカメラな感覚を持ち合わせていて、それでいてゆる〜い、懐かしいような、でも新鮮なような不思議な感じのカメラ。

でもね、やっぱりこれ最新のデジタル機器なんだよね。

PCに繋いで中のファームウェアを書き換えることによって、いろんなエフェクトを追加する事ができます。

詳しくはこちら。
VQ1015 R2公式ホームページ

とりあえずこのページにある「VQ1015 R2 0825ファーム」というのを入れてみました。
モノクロとかセピアの写真が撮れるようになります。
(カメラ背面のボタンで切り替えが可能になります)

その他、公式サイトのフォトギャラリーにたくさん写真が載ってます!
みんなさすが写真撮るのうまいな!>_<
Flickr: VISTAQUEST JAPAN official’s Photostream

うん。
なかなか面白いカメラです! (*≧∇≦)ノノ☆

電池がなくなりやすいとかタマにキズはあるけど、そこもまたかわいくて憎めないところ。
普段デジカメできっちりした写真しか撮らなくなった今には、逆にとても新鮮なカメラです。
ゆる〜い感じが生活に新たな一面をもたらせてくれそう。

なんだかこれを持って、どこか散歩に行きたい気分にさせてくれます♬

ということで、『よつばと!』11巻に出てた、よつばちゃんのカメラ VISTAQUEST VQ1015 R2 のレビューでした。

色もたくさんあってとてもかわいいですよ。(/∀\*)

それではまた。

 

オリーブは日本限定色! (*≧∇≦)ノノ☆

《関連サイト》 VISTAQUEST FanCLUB 公式サイト.

 

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!