スポンサーリンク

Apple製品の次期モデルについての話がちらほら聞こえはじめています。

《参照》
Apple、2012年に「iPad 3」「iPad 2S」「iPad 2」の3モデルをラインナップか?! – 気になる、記になる…
Apple、2012年第1四半期に15インチモデルを加えた新しいMacBook Airを発売か?! – 気になる、記になる…

ふむ。
2012年には、
iPadシリーズは…
・iPad2(16GB)→ 廉価版
・iPad2S → iPad2のプロセッサなどを進化させた後継版
・iPad3 → 高精細ディスプレイなど搭載したハイスペックモデル

となり、
MacBook Airシリーズは…
・11インチ
・13インチ
・15インチ
となるのでしょうか。

MacBook Airに関しては、ノートブックのモデルが今や Pro と Air しかなくなってしまいっているので、確かにこれはありえそうな気がしますね。

そして、iPadはサイズ違いが出るという噂もあるから実際はもっとパターンがある?
もしくは iPad3 というのが一回り小さいモデル?(とは考えにくいけど…)
あ。もしかして、それぞれにサイズ展開があるんだろうか…。
iPad2S の大と小。iPad3 の大と小…。

それはない?

あと、3Dという噂もありますしね…。

う〜ん、ただ、こういうサイズ展開やらモデル展開の話を聞いていると、個人的にはとてもイヤな想像をしてしまいます…(,,-_-)

昔のね、Appleの暗黒時代…。
たくさんのモデルやらなんやらたくさんあった時代。
Appleが潰れかけた時代…。

当時ジョブズが帰ってきて、製品シリーズをシンプルにした話は有名だけど、ジョブズがいなくなってなんだかまた同じ事の繰り返しになるんじゃないのかなんて…。

いや…たぶん大丈夫だとは思っているんだけど…^^;
なんだかね、ふと頭をよぎったので…。

確かにサイズ展開やらというのは、そういうニーズがあるのもわかります。

ただね、それってきっと「顕在的なニーズ」。
ユーザー側で もう想像ができあがっていて、なんとなく “それがあったらいいかも” と連想できているもの。だから表に現れているニーズ。
もしくはもう他のメーカーもすでに考えているか、作っているもの。

Appleにはそんな顕在的なニーズに答えるような新製品ではなくて、「潜在的なニーズ」を掘り起こす製品を作り続けてほしい。
本当はそれがあったらすごく役に立つんだけど、みんな誰も思いついてないから「ニーズ」として上がってこない製品。
誰も想像できていない、だから「魔法のような」製品。
かつての iPod や iPhone の時のように。

なんだかね、Appleってそういう位置づけであり続けてほしいなぁと思うわけです。
別に世界で売上やシェア No.1のカンパニーでなくてもいいので…。個人的には。

まぁ、きっと何も心配する事なんてないんでしょうけどね…^^;

きっと Apple はこれからも、魔法のような革新的なデバイスを作り続けてくれると信じています。うん。

ということで、個人的な Apple に対する想いが入ってしまいましたが、2012年の Apple製品情報でした。
あ、あと iTV も出るのかな?

それではまた。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!