スポンサーリンク

20110930-125635.jpg

上の画像は、ドイツのサイトGIGA Netzwerkさんに掲載されていた、iPhone5の予想モックアップ。
なかなかリアルですよね。
今言われている噂をまとめたらこんな感じなんでしょうね。

20110930-125642.jpg

20110930-125648.jpg

20110930-175249.jpg

iPhone4と比べて少し縦長になるとも言われています。

20110930-130610.jpg

この画像は、中国で既に製造されているというケース。
うーん、ホントに大きくなるのかなぁ…(・_・;
それっていいこと?
参照: iPhone5のケースが中国で既に製造されている。 | Page i.

さて、そんな発売間近 (と言われている) iPhone5ですが、機能面だけでいくと、iPhone4と比べてそんなに大きな変化が無いようにも思っていました。

…が、ここにきて HSPA+ 下り21Mbps対応という情報が。
中国 iPhone キャリアである China Unicom のプレゼンテーション資料に書かれていたんだとか。(China Unicom大丈夫かな…^^; )

≪参照≫
次期 iPhone は HSPA+ を搭載か ? | スラッシュドット・ジャパン アップル

本当かどうかわからないけど、もし今より速い通信ができるようになったら、めっちゃ嬉しいなぁ。(/∀\*)
これは切に願うところ。

ただ、HSPA+といえば、日本では SoftBank の ULTRA SPEED とイーモバイルだけが対応している規格。
と、いうことは、噂通りにもし au から iPhone5 が登場したらこのスピードは体感できないってことになるのかな??
SoftBank 版もこの機能を開放するかどうかはわかりませんけどね。とくに同一料金で。

まぁ、どちらにせよ私は SoftBank が好きなので、どのキャリアから出ても SoftBank から変えることはありませんが…(´へ `;)

それよりも、もし au から iPhone が発売されて、ユーザーが分散されて、SoftBank の電波のトラフィックが少しでも浮けば通信環境が良くなるような気がしているから、それが楽しみではあります。
(こんなこと言ったら SoftBank の人に怒られそうですが… >_< )

でも、今の「SoftBankの電波が悪い」って言われてる現象は急激な iPhoneユーザーの増加によるところも大きいような気がしています。

私の周りでも、ぜんぜんPCやiPhoneに詳しくないような人でも月のパケット料金が 450万円 だったという人がざらにいます。
ちなみに私はだいたい毎月 150万円 くらい。
iPhoneユーザーが急激に増えて、急激に SoftBank の回線を圧迫しているんじゃないかと…。
そりゃ基地局増やしても増やしても追いつかないよね…(,,-_-)

ということで、iPhoneを取り扱うキャリアが複数あれば、トラフィックの分散ができるので、まぁ SoftBank と au が取り扱ってくれれば、ちょうど良いバランスになるんじゃないかと個人的には思っています。
勝手な考察ですけど。(/∀\*)

ちなみに先日行われたソフトバンクの新作発表会で「SoftBank 4G」が発表されていました。

≪参照≫

ソフトバンクが下り最大110Mbpsの「Softbank 4G」開始へ、XGPがベースに – GIGAZINE

 

PHSの回線を使って(?)、下り最大 110Mbps出るんだとか。
すごいよな。もう光回線と変わらない!(*≧∇≦)ノノ☆

まぁ、高速通信化が嬉しいのはさることながら、PHSなんかも駆使して、回線環境のパンクを回避してくれようとしてくれているのが一番嬉しい。
…うん。詳しいことはよくわからないんだけど、勝手にそうではないかと思っている…^^;

だって、このまま回線がパンクしてキャリアの負荷がますます大きくなって、パケット定額制が廃止されるのが一番恐いことじゃない…???

何よりそれが今は一番恐ろしい。

各社も政府もいろいろ事情はあるでしょうが、ネットの通信環境が悪くなって、色んな産業の発展を停滞させて、日本経済がこれ以上ズタボロにならないように切に願いたいところです。

…なんて、話は大きく逸れましたが、次期 iPhone5、スピードが速くなったらめっちゃ嬉しいですよね。
そんな事を感じた今日のトピックでした。(/∀\*)

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!