スポンサーリンク

iPhoneSE用ケースレビューSpigenウルトラハイブリッド

ケース界のアイドル Spigenの美人広報はるかさん から iPhone SE 用のケースをいただいたので、レビューなどを書いておきます!(」°ロ°)」キリッ

今回、試させていただいたのは、パッと見、シンプルな透明ケース。
だけど、かなり衝撃に強い仕様の安心なモデルです。

▼ こちらのタイプ

やっぱり iPhone SE のデザインを最大限に生かそうと思ったら “透明の” ケースを選ぶべきなんだろうけど、透明のケースってどこかケースとして頼りないんですよね。
ポリカーボネートだったら割れちゃったり、TPUだったらなんとなく安っぽかったり。

これは、そんなお悩みを大らかにフワッと解決してくれる、良いとこどりのケースです。

iPhone SE用ウルトラハイブリッドケース

▲ Spigen お馴染みのパッケージですね。

パッケージを開けると、ケースにも丁寧にフィルムが貼られています。

ウルトラハイブリッド1

各、開口部分は丁寧に加工されています。

ウルトラハイブリッド2

サイドにひっそり Spigen ロゴ。

Spigenロゴ

装着させるとこんな感じになります。

ウルトラハイブリッド装着1

ウルトラハイブリッド装着2

パッと見、オーソドックスな透明ケース。

開口部分やボタンの部分は丁寧な作り込みです。

ウルトラハイブリッド装着3

Lightningケーブルは少々分厚いものでも入りそう。

電源ボタンとボリュームボタンは覆われています。

ウルトラハイブリッド装着4

ウルトラハイブリッド装着5

で、このケースがなんで『ウルトラ・ハイブリッド』という名前なのかというと、
パッと見、ただの透明ケースなんですが、素材が背面はポリカーボネート、側面のバンパー部分がTPUという二つの素材でできたハイブリッドだからなんです。(たぶん…|д・) ソォーッ…)

側面のバンパー部分が柔らかな TPU で出来ていて、なおかつ『AIR CUSHION TECHNOLOGY』という衝撃吸収の技術が詰め込まれています。

エアークッションテクノロジー

米軍MIL規格という耐衝撃のテストをクリアした仕様になっているようで、少々落下させても大丈夫そう。

また、ディスプレイ部分も少し出っ張っているので、ディスプレイ側を下にしてデスク上に置いても傷つくことはありません。

ウルトラハイブリッド仕様1

ウルトラハイブリッド仕様2

カメラ部分のところを見ると、少々厚みは感じますが、安心感はありますね。

ウルトラハイブリッド仕様3

やっぱり iPhone SE のデザインを最大限に生かしたケースということであれば、こういった透明なケースが一番です。
そして、ケース本来の目的である『安心感』を追求するとこういう選択肢になるんだと思います。

iPhone SE 用ウルトラハイブリッドレビュー2

iPhone SE 用ウルトラハイブリッドレビュー1

ということで、iPhone SE 用ケース Spigen ウルトラ・ハイブリッドのレビューなのでした。

丈夫な透明ケースをお探しだったら、これが良いかもしれませんね。(○´―`)ゞ。o ○

▼ バンパー部分のカラーバリエーションもあるようです。

それではまた。

あ、僕はまだ iPhone SE 持ってないんだった…( ꒪⌓꒪)

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!