スポンサーリンク

Palmoのカラバリを全部試してみた

先日、iPhone 6s ケース『Palmo』の記事を書いたんですが、そしたらそれをメーカーさんに発見されてしまいまして、なんと全カラーラインナップを送ってきて下さいました…((((;゚Д゚)))))))

▼ 『Palmo』はこれ!グッドデザイン賞授賞のケースです。


EM Store

これね、ホント使いやすいんですよ。
指を固定できるから「iPhone 6 から大きくなって使いにくい…」とお悩みの人でも全て問題解決できると思います。

指を通して固定

▼ 詳しくは前回の記事でも。

iPhone 6s が格段に使いやすくなる超シンプルなケース『Palmo』一度使うと病みつきになるかも。
iPhone 6s 用のちょっと変わったケースを買ってみました。 超シンプルなんだけど、すごく考えられてて iPhone 6s の使い勝手が格段に良くなるケースです。 …

そして、送ってきてくださったカラーラインナップはこちら。

わぉ、こんなに…!

Palmoカラーラインナップ

こんなにカラーラインナップあるんですね。

僕が先日買ったのは『蓄光タイプ』のもの ですが、これらの通常のカラーラインナップのものはもうちょっとお安いんです。

▼ この『蓄光タイプ』のものは 2,808円 だったのですが…

蓄光タイプ1

蓄光タイプ2

以下の通常のカラーラインナップのものはなんと 2,268円 です。良心的なお値段ですよね…|д・) ソォーッ…

カラーラインナップはこんな感じ。

▼ ホワイト

ホワイト1

ホワイト2

▼ ブラック

ブラック1

ブラック2

▼ ブルー

ブルー1

ブルー2

▼ イエロー

イエロー1

イエロー2

▼ ピンク

ピンク1

ピンク2

▼ ライトピンク

ライトピンク1

ライトピンク2

うぉぉ…なんか楽天のページみたいになってきた…( ꒪⌓꒪)

◎ Palmo の使用感

個人的には、自分の iPhone 6s が、ホワイトなので、やはりホワイトの Palmo が一番合っている気がします。
スペースグレイだったら、ブラックが合うのかな。

ホワイト1

ホワイト2

蓄光タイプのものよりも、やはりホワイトの方が落ち着いていていいですね。

背面の立体感がなかなかカッコよく成形されています。

Palmoディティール1

背面をデスク上に置いてもグラつかない設計です。

コネクタ部分も十分開いているので刺すものの種類を選びません。

Palmoディティール2

ストラップも装着可能。

Palmoディティール3

角と背面はきっちり守られていて、必要最小限だけどなかなか考えられたケースだと思います。

Palmoディティール4

Palmoディティール5

柔らかいし。

柔らかい

指をこういう風に固定すれば、iPhone 6s も落とす心配はありません。今までのように小指を引っ掛けて痛めることもない。

指が入る

なかなか使い勝手がよくて、一度使ったら病みつきになるケースです。

◎ 薄めのケースと合わせても良し

もし、どうしてもその必要最小限具合が心配なら、超薄めのケースと合わせてもいいかもしれません。

▼ こういうタイプのケースとコーディネート。

薄めのケースとコーディネート

▼ 今回はこの激薄ケースを使ってみました。

こうなります。

エアースキンとコーディネート1

エアースキンとコーディネート2

細部も問題なさそうです。

ディティール1

ディティール2

これだったら、薄い膜のようなケースで全面が覆われてて安心だし、なおかつ Palmo の快適な操作感の恩恵を享受することが出来ます。

Palmoとコーディネート1

Palmoとコーディネート2

こういうケースのレイヤードも楽しいですね。(○´―`)ゞ。o ○

ということで、今回は 病みつきになるケース『Palmo』のカラーラインナップのレビューなのでした。

Palmoカラーラインナップ

▼ こちらから購入できますよ!


EM Store

なかなかオススメの逸品です。

それではまた。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!