スポンサーリンク

Apple WatchのOSアップデートができない場合は一度ペアリングを解除するといい

入院から復帰して約1ヶ月ぶりくらいに Apple Watch を触ったら watchOS のアップデートが来てました。…が、早速アップデートを試みるも、これが何度やっても「アップデートを検証できません」となり全く出来ませんでした。

こんなエラーメッセージが出てしまいます。

Apple WatchのOSアップデートエラーメッセージ

※ 今回は watchOS 2.0.1 のアップデートの場合です。

「アップデートを検証できません」 と表示されてしまいます。
なお、きちんとインターネット接続はされてる状態です。

なので、Apple Watch を再起動してみたり、iPhone を再起動したりしてみましたがそれでもダメでした。

◎ Apple WatchのOSアップデートが「検証できません」となって出来ない場合の解決方法

ということで、最終的に解決出来た方法は下記の通り。

一度、ペアリングを解除してリセットする

まぁ、ホントに最終手段ですが、一度 iPhone とペアリングを解除してしまえば治りました。
なお、ペアリングを解除してしまうと、Apple Watch はリセットされてしまいます。
ただ、Apple Watch はリセットしてしまってもそんなに影響はないですよね…?そもそもデータなどほぼないはずだから…

ちなみにやり方は、iPhone の「Watch」アプリ から…

Apple Watch → Apple Watch のペアリングを解除

だけです。

Apple Watchのペアリングを解除方法

これで一旦 Apple Watch にリセットがかかり、ペアリングからスタートしますが、この後無事にアップデートできました。

無事にwatchOSのアップデートできました

何かシステム的におかしくなってたんでしょうね。

アップデートできて良かった。

めでたしめでたし。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!