スポンサーリンク


この記事は2011年5月に書いたものです。
いくつか仕様が変わっているものもあるので、新しく記事を書き直しました。

▼ こちらに新しくまとめていますのでご参照ください。

iPhoneの動きがおかしくなったら…試してみる方法いろいろ。

2013年11月10日に新たにまとめたものです。iOS7になっていくつか仕様も変わりましたもんね。まぁ、でもほとんど同じかもしれませんが…(^◇^;)


▼以下、2011年5月3日の記事。

みなさん、iPhoneの動きがおかしくなることってありませんか?
動作がとても遅くなる、アプリがなかなか起動しない、すぐ落ちる、
文字入力がおかしい、固まる、なんだか最近不安定…などなど。

iOSはよくできたOSなので、あまりそんなふうにならないように作られていますが、
やはり高性能なデバイスゆえに、たまにはそんなこともあります。

そういう症状が出た場合は次の6つの方法を試してみてください。

1.マルチタスクで起ち上がっているアプリを消す。
2.メモリを解放する。
3.iPhoneの変換学習機能をリセットする。
4.iPhoneを再起動する。
5.復元する。
6.初期化して新しいiPhoneとして使い始める。 

それでは一つ一つ。


『1.マルチタスクで起ち上がっているアプリを消す。』

「最近よく固まるんですよね」という多くの場合、これが原因だと思います。
たくさんのアプリを起ち上げすぎていて、メモリを消費してしまっているんですね。
PCでもMacでもたくさんのソフトウェアを起ち上げていると固まってしまいますよね。
マルチタスクはこまめにチェックして、アプリは消してあげましょう。

ホームボタンを2回押すと画面の下に起ち上がっているアプリ一覧が出ますので、アプリを長押しして赤のマイナスボタンで消していってあげましょう。


『2.メモリを解放する。』

このアプリを使えば、今どのくらいメモリを消費しているかがわかります。

iMemoryGraph App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料

アプリを起ち上げるとこのようなグラフが出てきます。緑のラインがメモリの空き容量。

この場合、メモリの空き容量があと8.2MBしかないので、iPhoneの動きがちょっと鈍くなるかもしれません。

これ、アプリ自体は無料なんですが、アドオン(115円)を追加する事によって
メモリの解放機能を追加することができます。
そこで、(アドオンを追加して)中段右側の雷マークをポチッと押します。
すると…。

こんなにメモリが解放されます。空き容量 302.9MB。
V字回復。気持ちいいですね♫


『3.iPhoneの変換学習機能をリセットする。』

時々、文字を入力する時にキーボードが点滅したり、文字入力を切り替えられない場合があります。
実はなんらかの原因で、iPhone自体の変換学習機能がいたずらをしている場合があるようです。
これをリセットすれば、ビックリするくらいリフレッシュされることがあります。

やり方は、iPhoneの「設定」から。
設定 > 一般 > リセット > キーボードの変換学習をリセット

<参考>
kouseipapa.net / i 『iPhoneを不安定にさせない5つのおまじない


『4.iPhoneを再起動する。』

そして、PCやMacと同じで、おかしくなったらやはり再起動です。
再起動の仕方は、ホームボタンとスリープボタンを両方同時に長押しです。
押し続けると電源を切る赤いスライダが表示されますが、さらにまだ両方押し続けます。
そして、画面がいったん消え、Appleマークが表示されればOKです。


『5.復元する。』

再起動しても症状が改善されなければ、復元してしまいましょう。
PCまたはMacと繋ぎ、iTunes上で行います。

このページの「復元」のボタンで前回のバックアップ状態に戻ります。
復元するのにはデータ量によっても違いますが、概ね1時間~2時間くらいはかかりますので、お時間のある時に。

前から症状があったので復元しても……という場合でも、ここでいう「復元」は、
アプリなどのデータは前回のバックアップ状態に戻りますが、OS自体はリフレッシュされるので、
大概の場合はこれで改善されるはずです。


『6.初期化して新しいiPhoneとして使い始める。』

復元しても改善されない場合は、本当に初期化してまって、新しいiPhoneとして使い始めると良い場合があるようです。
その場合は、アプリなどすべて入れ直さないといけませんが…。
(一度購入したアプリはもちろん無料で再ダウンロードできます。)
先程の「復元」のところで、指示の途中に出てくる「新しいiPhoneとして認識する」を選択しましょう。


その他、SIMカードを挿し直せば改善されたという話も時々 聞きます。

以上、6+α の方法をご紹介しましたが、もしこれでも症状が改善されなければ、Appleに相談しましょう。

とても丁寧に対応してくれますよ♫ : )

アップルサポートの連絡先
http://www.apple.com/jp/support/contact/
AppleCareサービス&サポートライン
0120-27753-5

 

◎ 関連記事

iOS7になって戸惑った変更点とその使い方まとめ5つ。

iOS7 になっていろいろ変わった!戸惑うことも多いけど、それもまた面白いよね。

iPhone 5s / 5c を買ったらまずは入れておきたいオススメ アプリ100選!

勝手に独断と偏見でオススメ アプリをまとめてみました。何かのご参考になれば。

written by ノリロウ

スポンサーリンク

かつて、こんな物語もありました…

≫≫ 最新の記事一覧へ

≫ Thank you for coming to NORIROW'S REPORT!